MENU

30代の薄毛のよくある原因と対策

育毛剤選びに悩む30代男性
よく「20代と30代ではかなりの差がある」なんて言葉を聞きますが、それは体力面などだけでなく頭皮の問題についても同じですね。
20代の頃は気にしていなかった髪のボリュームが気になり始めた、また前々から薄くなっていたのが30代に突入して悪化してしまったという方も多いようです。
今回はそういった30代の薄毛のよくある原因と対策について考えていきましょう。

 

最初に述べた、30代になって変わってしまった体質というのは色々あるかと思いますが、実はそれらは殆ど薄毛に直結する問題になるのです。
若いころに比べ代謝が落ち、運動能力が低下するとなるべく運動を控え運動不足になりがちです。
さらに、昔のように暴飲暴食しても肉が落ちなくなったりと悪循環を繰り返すことで頭皮ストレスも溜まりホルモンバランスが乱れて脱毛へと繋がっていきます。
また、ストレスも20代の頃に比べてかなり増えてくるのではないでしょうか。
例えば部下が出来て中間管理職ならではの苦労や悩みが増える、人間関係や金銭的なしがらみが増えてストレスがどんどん溜まるなんてことも多いですよね。
それら全てに共通した対策は生活習慣を改善していく、ということです。
暴飲暴食を改め、運動を少しでも増やして、酒やタバコなどを減らす、ストレス解消の為に自分の好きなことや趣味に没頭する時間を作るなど、健康によいことは育毛に対しても同様に効果的です。
また、今までに縁が無いと育毛剤を使わなかった方であればこれを機に育毛剤デビューしてみましょう。

 

以上のようなことを踏まえて、30代からの薄毛に立ち向かってみてください。